大人のメイク

30代以降の華ありキレイメイク

メイクによって大人の女を演出したい人達は、大切な人とのディナーや、仕事関係の大事な場面など、晴れやかな場所に出る機会も多くなります。そんな時のメイクは、上品さに華やかさもプラスしたメイクでありたいものですよね。年齢を重ねてきたことで成熟した大人の風貌は備えているわけですから、しっかりとしたメイクの中にも、かわいさとみずみずしさを備わった、オトナの品の高さがプラスされたキレイメイクのテクニックをマスターしましょう。

30代以降の華ありキレイメイクのポイントは3つ。暗くならない彩色のアイメイク、明るいトーンのグロス、彩度の高いチークメイクをプラスすることです。

 30代以降の目元のメイクでは、色で華やかさを演出し、カラーマスカラで優しく仕上げると、キレイで華ある感じのメイクに仕上がります。そんなメイクに、つけまつ毛を少しだけプラスしてあげると、ぐんとかわいらしい目元になります。

 口元のメイクをするときには、唇に口紅を塗ったあと、グロスのツヤを中央のみに重ねましょう。このメイクテクニックで、ボリューム感があってみずみずしい感じの口元になるはずです。口元のメイクでは、赤みが強いと血色をよく見せてくれ、淡い色の口紅は血色が悪く見えます。しかし年齢を重ねた肌には、ボルドー系、赤、ピンクなどの色のメイクは、きつい印象を与えます。また、パール入りのものは血色が悪く見え、老けた印象に。ですから口元のメイクに使う色は、実際の唇の色よりも赤みの入ったブラウンピンクなどがお勧めです。

 チークに必要なメイクテクニックは、発色のいいピンクを頬に広めに足して、ハツラツとした表情になるようメイクすることです。

[PR] 飲料水 ウォーターサーバー おいしい水

|