« 2007年7月 | トップページ | 2008年4月 »

2007年8月

30代以降の華ありキレイメイク

メイクによって大人の女を演出したい人達は、大切な人とのディナーや、仕事関係の大事な場面など、晴れやかな場所に出る機会も多くなります。そんな時のメイクは、上品さに華やかさもプラスしたメイクでありたいものですよね。年齢を重ねてきたことで成熟した大人の風貌は備えているわけですから、しっかりとしたメイクの中にも、かわいさとみずみずしさを備わった、オトナの品の高さがプラスされたキレイメイクのテクニックをマスターしましょう。

30代以降の華ありキレイメイクのポイントは3つ。暗くならない彩色のアイメイク、明るいトーンのグロス、彩度の高いチークメイクをプラスすることです。

 30代以降の目元のメイクでは、色で華やかさを演出し、カラーマスカラで優しく仕上げると、キレイで華ある感じのメイクに仕上がります。そんなメイクに、つけまつ毛を少しだけプラスしてあげると、ぐんとかわいらしい目元になります。

 口元のメイクをするときには、唇に口紅を塗ったあと、グロスのツヤを中央のみに重ねましょう。このメイクテクニックで、ボリューム感があってみずみずしい感じの口元になるはずです。口元のメイクでは、赤みが強いと血色をよく見せてくれ、淡い色の口紅は血色が悪く見えます。しかし年齢を重ねた肌には、ボルドー系、赤、ピンクなどの色のメイクは、きつい印象を与えます。また、パール入りのものは血色が悪く見え、老けた印象に。ですから口元のメイクに使う色は、実際の唇の色よりも赤みの入ったブラウンピンクなどがお勧めです。

 チークに必要なメイクテクニックは、発色のいいピンクを頬に広めに足して、ハツラツとした表情になるようメイクすることです。

[PR] 飲料水 ウォーターサーバー おいしい水

|

印象的なアイメイク

 アイメイクに欠かせない上品な輝きを作り出すには、パール入りのアイシャドウでメイクしてみましょう。パール入りのアイシャドウでメイクすれば、くすみを消して、ツヤと明るさを目元に与えます。

 単色のものもありますが、自然な仕上がりにメイクアップするには、淡色・濃色がインされているものを選ぶと、アイメイクの幅が広がります。

 アイメイクにもその年によって流行の色がありますが、メイクアイテムの1つに華やかさがプラスされるゴールドや、目元を明るく見せるベージュ系のもの常に揃えておくと、グラデーションをつけることができ、自分に合ったアイメイクをいつでも作り上げることができます。

 それと、目力を最も表現してくれるメイク用品は、なんといってもマスカラです。

 ビューラーでしっかりとカールされたまつげに正しくマスカラでやせてるまつ毛をボリュームアップするメイクしてあげれば、瞳の印象はさらに魅力的なものになるでしょう。こ

 優しい印象のメイクに仕上げるならカラーマスカラを、くっきりまつ毛を演出するメイクには黒が適しています。日本人の済んだブラウンの瞳を際立たせるアイメイクには、黒に近いグリーンでメイクするのがオススメです。

 マスカラのブラシは、1本1本をキレイに分けながら、長く太くカールアップするものを厳選して、ぱっちりとした目元にメイクしていきましょう。

[PR] 美味しい水 宅配 水 宅配 水 ダイエット

|

メイクアップのコツ

 メイクアップには欠かせないコスメ用品ですが、どれがどう違って使いやすいのかわかりますか?ここではそれぞれの違いを勉強し、より適したメイク用品を揃えるための参考にしてください。

 アイライナーはペンシルタイプが使いやすくおすすめです。細かいアイメイクもペンシルなら簡単にメイクアップすることができますから、印象的な目元を作り上げるポイントとなるメイク用品です。色合いは、目元を引き締める黒はもちろん、自然になじむニュアンスの色も数色メイク用品に揃えておくと、アイメイクの幅が広がります。

 アイライナーでキレイにメイクアップするには、顔を上に向けるようにしてメイクをすること。簡単なのは、手鏡などを顔よりも下の位置において目だけで鏡を覗くようにしまがらメイクすると、まつ毛周辺の皮膚が伸びて、ラインを入れやすくなります

 それと、チークは顔の印象を決める重要なメイクアップ用品ですから、定番として自分の肌に合った色をひとつ用意しておきましょう。

 メイクしたときに、フワッと肌が明るく見えるような色のメイク用品がオススメ。メイクの基本としては、肌の白い人にはピンク系、少し暗めな肌の方はオレンジ系を選ぶと、自然な血色感が出ます。バール入りのものでメイクをすると、顔に立体感とツヤを与えます。

 迷ったときは、赤みのあるコーラル系の色でメイクすれば、どんなシーンにも対応できますよ。

[PR] 水 サーバー ミネラルウォーター ミネラルウォーター 宅配

|

口元のメイク

 メイクの仕方をちょっと工夫するだけで、あなたの見た目の印象が5歳は違って見えてくるもの。口元の印象は、見た目の年齢を左右してしまう大事な部分ですが、年を追うごとにゆるみがちになってしまいます。ゆるんできた口元を引き締めくすみなどをメイクでカバーするには、リップペンシルでひと手間かけるメイクテクニックをマスターしましょう。 用意するメイク用品は、リップペンシル。色は、唇の色が透けない、唇になじむものを選んでください。リップペンシルは、あいまいな輪郭や平坦な唇を、シャープでふっくらしたラインにメイクすることができます。パールの入った口紅でブラシを使ってきれいにメイクすると、つややかな口元を演出できます。唇全体がくすんでいる場合は、口紅を塗る前に、リップペンシルで塗りつぶしておくのが、大人のメイクのポイント。メイクの後にティッシュで押さえておくと、きれいな色合いに仕上がります。

 それと口元メイクは、シーンに合わせて使いこなしたいものですね。普段メイクでは、口元を自然にパッと明るく見せるピンクやベージュ、コーラル系をリップメイクの定番にしましょう。ふっくらとしたボリュームを与えるパール入りのつややかな質感のものならメイクの失敗も少なくて済みます。引き締まった感じのリップメイクには、リップライナーも忘れずに。色は、ナチュラルなピンク系・オレンジ系・またはベージュ系などが肌なじみよくて、きれいにメイクが仕上がります。

[PR] ミネラルウォーター ダイエット 便秘 ミネラルウォーター 天然水

|

« 2007年7月 | トップページ | 2008年4月 »